始めまして & 旅の目的

私達は、今年2012年5月上旬から、夫婦二人で、フランスの道経由でサンティアゴデコンポステラまで巡礼旅をしたのち、スペイン各地を観光を計画しています。

体力やお金はあまり十分ではありませんが、二人とも現在は仕事を離れ、自由な時間を思う存分使うことができます。のんびり焦らず十分時間をかけて旅したいと思っています。このブログでは、今回の旅の準備段階、旅の始まりから終わりまでを、大好きな写真も添えながら、可能な限り同時進行で記録して行きたいと思います。どうぞよろしくお願いします!

私達の今回の旅の目的や背景を簡単にまとめました。

①  四国お遍路
私は、定年退職直後の昨年4月中旬に、十分な準備や知識もないまま、四国88箇所のお遍路路を歩き始め、40日後の5月末に無事結願することができました。この旅を通して、毎日美しい風景を楽しみながら元気に歩き通けることの喜びと、自分を支え助けてくれた四国の人々への深い感謝の心を強く持ちました。また、「歩き、祈り、眠る」ことの繰返しから得られる充実感を、強く体感することができました。四国のお遍路を繰返す多くのお遍路病患者さんと同じ気持ちで、今年はスペインの巡礼路を歩いてみたいと思っています。

②  ヨーロッパ、スペインへの憧れ
欧州の地をまだ踏んでいない妻は、最初はイタリア旅行をと画策していたようです。しかし、私がスペイン巡礼の話を持ち出すとすぐに計画を変え、「付添として巡礼路を歩いた後にスペインの名所旧跡の観光にも行こう」と申し出てくれました。私とて欧州はドイツ、スイスなどへの短期出張の経験のみで、美しい建物見て、美味い食事を楽しむ欧州の旅は長年の夢でもあり、直ちに話がまとまりました。

③  東北大震災
今年3月中旬、震災後支援のボランティアとして岩手県を訪れ、9日間活動しました。震災後一年経ても残る被災地の悲惨な現状を自分自身の目で見たり、身内を亡くされた方々の深い悲しみを垣間見る時、たまらなくなりました。一方で、厳しい状況下で一日も早い復興をと懸命に頑張っておられる多くの方々のお姿、努力に心から感動し、尊敬の念を持ちました。今は、スペイン巡礼中にお会いする色々な国の人々にも、この震災への海外からの支援への感謝やこのボランティアで得た経験と想いを、可能な限り伝えて行きたいと思っています。


e0273924_23361643.jpg
[PR]