巡礼者の一日

今回は、このスペインの巡礼路を歩いている私達の一日を紹介します。

① 起床・出発
私達は、大体5:30 - 6:00に起き、6:00-7:00に出発します。距離が長い日や、大きな街が目的地の場合は早く起き、早く出発したいのです。でも、アルベルゲでは他に寝ている人も同じ部屋にいるので、6時過ぎにならないと電灯はつけられません。このため、早立ちの時は、暗い中で遠慮しながらミニライトの明かりでこっそり準備をし、抜き足差し足で、部屋から抜け出して行くことになります。
その後、アルベルゲの小さな食堂で前日準備しておいた朝食を食べたり、何も食べずにそのまま、出発します。
こちらは日本より朝が遅く、今だと6:30を過ぎないとあたりはまだ暗く、日の出は7:15すぎです。ですから、毎日まだ薄暗い中での出発となります。歩き出してしばらくすると、背後から登って来る美しい朝日を見ることができるのも、最近は毎朝の楽しみの一つになっています。

②午前中
最 近は午前中に約20km、休憩時間込で平均4km/hrくらいで歩いています。歩き出して2時間くらいの所のバルで、カフェコンレチェ(ミルクコー ヒー)とトルティージャ(じゃがいも入り卵焼き)又はクロワッサンで軽く腹をみたします。両方で2.5-3€程度ですみます。その後は、1〜1.5時間毎に休憩。
途中で他の巡礼者に先行されたり、追い抜いたりする時は、Buen Camino(ブエンカミノ、良い道でありますように)と言い合います。
体の大きな欧州人はスライドも長く、体力もあるので、歩く速さは確実に我々より速いのですが、休憩時間を短くする事で、今の所ほぼ同じペースで歩るいています。

③午後
20km以下の行程だと、12時前後に目的地に到着します。しかし30km位になると、バルで軽食を食べて、また歩かねばなりません。しかし、その頃になると、半端じゃない暑さと疲れで、確実に歩く意欲とスピードは低下します。昼食またお昼の休憩には、殆ど毎回セルベサグランデ(ビール大 約2€) を一杯頂き、元気をつけます。スペインの暑さと乾燥した空気のせいか、いつもよりビールがうまく、あまり酔わない気がするので、ついついもう一杯となります。

③ アルベルゲ(又は宿)の受付
アルベルゲでは、まずクレデンシャルを見せて受付を済ませます。アルベルゲは、自治体運営、教会付き、私立などがありますが、どこでも巡礼者支援のため、宿泊料は4ー8€くらいととても安くなっています。
ある程度の大きな街には、複数のアルベルゲがあります。しかし、ブルゴス、レオンなどの大都市や休日には、受付が始まる前から巡礼者が列を作って順番待ちをしたり、満員で泊まれずに他の宿を探さねばならない人も出て来ます。今でこんな具合ですから、もっと人が増える8、9月になれば宿の確保はもっと大変かと 思います。
その後、世話係りの人(オステラート)が、シャワーはここ、トイレはあっち、キッチンは、ベッドは・・・・早口のスペイン語でまくし立てるように説明されますが、こちらもそれにだんだん慣れてきて、ほぼ理解できるようになり、これで今夜のベッド確保が済み、一安心です。

④シャワー、洗濯
ブルゴスの前後で雨やとても寒い日を経験しましたが、そのあとはずっと晴れ続きです。大急ぎで、シャワーを浴びます。巡礼開始直後の数日はずっとお湯が出ず、冷たい水でのシャワーでした。これも修行でしょうが、やはり暖かいお湯は有難いです。体の汚れだけでなく、疲れの取れ方も違います。シャワーを浴びたら、衣服の洗濯です。四国お遍路の時は、全自動の洗濯機・乾燥機が使えたが、こちらではほぼ毎日手洗いで、これもまた楽しい修行です。

⑤ 幸福な午後(おしゃべり、昼寝、、、、)
洗濯が終われば、あとは長い午後をゆっくり楽しみます。言葉は十分話せなくても、最近一緒になることが多い人や宿で始めて会ったいろんな国の人などと、今日の事、明日の予定など話したり、天候や旅の情報を教えてもらうえるのはとても楽しいです。私がこの時間 happy afternoonが大好きだと言ったら、周りの人もそうだねと言ってみんな同意。

⑥ 夕食
夕食は旅の楽しみの一つですが、こちらのレストランは、たいてい8時(稀に7時)から夕食を出し始めます。それまでの時間にお店が開いていても、冷凍のパスタとかサンドイッチといった簡易食しか選べません。欧州人はそんなことに慣れているので、8時から始めて10時のアルベルゲの消灯時間ギリギリまで、ゆっくり食事を楽しんでいます。
でも、根が真面目で、早寝早食いの???私にはどうしてもこの夕食時間が待てず、とても困ります。と言うことで、最近は町の食料品店で食材を買い、アルベルゲにあるキッチンで調理して、食べる事も増えました。

⑦ 就寝
どこのアルベルゲも10時が消灯時間です。でも、こちらでは外はまだ完全に暗くなっておらず、日本だったら7時前といった感じです。私達はそれまでに一度寝ており、更に10時から正式に寝ることになります。
それからが大変で、色んな国のイビキが始まり、日本を代表して私のイビキも。

まあこんな感じの毎日です。では、お休みなさい。
[PR]
by mikitanuki | 2012-05-31 23:15 | Santiago巡礼