6/2 巡礼24日目 Acebo -> Ponferrada 17km

昨日は、夜8:30過ぎから雷と大雨に。でも、そんなに長引かず雨は上がったようで、今朝は出発時から曇り空だが、雨具なしで歩けるので有難いです。

昨日泊まった高度1150mのAceboを6:45といつもより遅い出発。村の外れから始まる巡礼路は、大きな岩や石ころがゴロゴロしており、ほとんど整備されていない道で、こんな所はこのカミノでではじめて。と言うものの、この程度の道は四国お遍路道ではよくあり、別に文句を言うべきレベルではない。これもまた修行であり、感謝、感謝。
e0273924_1250473.jpg


途中の街、Molinasecaは小さな街だが、美しい教会が2つ有りました。また、なぜかこんな小さな街のハズレに、四国お遍路のNPOよるCamino友好記念の石柱が立っていた。
e0273924_12504865.jpg
e0273924_12511666.jpg
e0273924_12545793.jpg


また、Ponferradaの街の手前で、毛を刈ってもらってすっきり男前になった羊さんと順番待ちの羊さんが沢山いて、休憩を兼ねてしばし見学。
e0273924_1614283.jpg



今日の目的地Ponferradaには、11:30過ぎに着き、12世紀のとても大きく美しいCastillo de los Templaiosテンプル騎士団の城を見学。
e0273924_12555734.jpg


久しぶりに街中のオステルに泊まろうかとも思ったが、最終的にはいつもと同様にアルベルゲに止まることに。この街のアルベルゲは定員210名と今まで泊ったアルベルゲの中でも最大。中の設備も充実しており、例えば、①各部屋は2段ベッドが2つの4人定員と少ない、②各ベッドの近くにはカメラ、携帯などの充電用コンセントがある、③トイレ、シャワーの戸が壊れているのも珍しくないが、ここは頑丈なカギが付き、安心して使用可能、④キッチン、食堂、談話室なども十分広い。でも、シャワーはぬるいお湯しか出ず残念。でも、これは多くの宿泊者が短時間に集中してお湯を使ったせいでした。

この施設は自治体による運営(Municipal)です。こんな立派な施設を、スペイン以外の世界中から来た外国人や非キリスト教徒の私達でも、全く同一条件で利用できる事を、とても有難く思います。スペインの国家経済の悪化などというニュースを聞きますが、是非とも世界中からの支援をお願いしたいものです。
[PR]
by mikitanuki | 2012-06-04 02:09 | Santiago巡礼