スペインの旅を終えて、そしてこれから

旅の前半、サンティアゴ巡礼は、スペインの美しい自然やこの巡礼路の長い歴史を十二分に満喫した旅でした。しかし一方では、巡礼初日から体調不良の中を歩いた妻だけでなく、出会った殆どの人が身体の故障・怪我、体調不良などで辛い体験をするという厳しい旅でした。そんな中、我々二人が、33日間、サンティアゴまでの約760Kmを無事に歩き通す事が出来ました。旅の間中ずっと、体調や食べ物をうまくコントロールしてくれた妻や、メール・ブログ等で励ましてくれた皆さんのお陰と感謝しております。旅の後半、スペイン各地の観光では、毎日十分に時間を使い、美しい建物や美術品を存分に楽しみました。また、余りおいしい食べ物を頂き過ぎ、巡礼中に折角少しスリムになった体も、直ぐに元の黙阿弥状態へと戻りました。

帰国後一週間程は、妻も私も疲れが出たようで、殆ど何もせずに過ごしました。しかしそのあとは、うだるような湿気と暑さに辟易としながらも、溜まっている旅の写真や記録の整理を始め、体重減少と体力回復のための早朝ウォークも再開しました。8月末には、スペイン巡礼中に随分お世話になったHさんに再会し、完成させたばかりの旅行記を読ませてもらったり、スペイン話を肴に美味しいワインを一緒に飲んだりする事が出来ました。また9月には、かって同じ会社で一緒に働いた美しい二人の女性に今回の旅の話をしたり、写真を見て頂いたりする機会がありました。

このような経緯も経て、5/7の旅の初日から7/7旅の終わりまでの全日程についての再編集作業を完了し、今この「終わりの言葉」を書くまでに至りました。再編集前の内容を既にお読み頂いた方には、もう一度この部分に戻り、お読みいただければと思います。

この長いスペインの旅を通して、「この地の人々は、厳しい自然や困難な歴史の中で、何世代にも亘り、強い精神と明るく健康な心を持ち続け、その時々に各人が行うべき事を行い続けてきた。だからこそ、この国独自の優れた文化・芸術、美しい自然、人情味あふれる気質までもが生まれた」と、私は思うようになりました。こんな私のスペインボケ、巡礼ボケは当分治まりそうになく、「①フランスからピレネー越えの巡礼路を歩いた後、②イタリア各地を観光する」という来年の計画を、私から妻に提案中です。②のイタリア観光は、「歩き旅は、今回でもう十分」と言っている妻を巻き込むための作戦でもあります。

これからは来年の旅の準備・計画だけでなく、イタリアの歴史、建物、美術、言葉等の勉強も始めようと思っています。つい先日、私と同じ年の友人が脳動脈瘤破裂で急死しました。彼はそれまで血圧等も正常で、私の糖尿病のように持病もなく、全くの健康人だったそうです。そんな事もあり、「暇だから、何かをやる」のではなく、「限りある時間=今を大切にし、新たな事にいつも全力挑戦し続けていきたい」と、これまで以上に強く思っています。

私達の新たな旅が始まったら、またブログでその様子をお伝えしたいと考えています。
皆さんの応援、これからもよろしくお願いします。どうもありがとうございました


妻の一言
本当に充実して楽しんできた。  父さんありがとう。 みんなもありがとう。
帰宅。 性格上、いつも綺麗に片づけてから旅行に出掛ける私。真夜中に帰宅してホテルの様にきれいな部屋に帰れて気持ち良かった。自分の性癖に感謝。
しかし、あっと言う間に散らかった部屋になった。(いつも通りや・・・)
そして、2カ月も放りっぱなしのベランダの植木が全部生きていた。 
びっくり!!すぐに水を遣った。    

[PR]